子どものニオイ問題は大人が思っている以上にシビアなもの。ここでは、子どものワキガとその対策についてまとめました。

子どもにもワキガはある

ワキガは大人だけの悩みということではありませんし、ワキガを自覚されている方の中には、学生の頃に苦い思い出がある方も多いのではないでしょうか?赤ちゃんや幼児期にワキガ臭のする子はいませんが、成長とともにニオイの悩みを抱えるようになることはあります。最近お子さんの、

  • ニオイが強くなってきた気がする。
  • 洗濯物が臭うようになってきた。
  • 両親や身内にワキガ体質の方がいる。

こういったことに思い当たるフシのある親御さんは、お子さんのワキガに注意が必要な時期かもしれません。

 

ワキガの原因であるアポクリン腺の発達は、第二次性徴期。いわゆる思春期に始まるため、一般的には小学校高学年からは注意が必要になることが多いですね。男の子と女の子では第二次性徴の時期がずれますし、第二次性徴期に入る年齢にも個人差はあります。おおまかに、女の子は10歳ごろから。男の子は11~12歳程度から第二次性徴が始まり、18歳くらいまで続くといわれています。

 

つまり、小・中・高校生の多感な時期を、ワキガの悩みとともに過ごさねばいけないということになるんです。最近では、子どもの発育が良くなったせいもあり、ワキガの低年齢化も進んでいるそう。小学校低学年からワキガ臭が始めるという子もいるそうですから、お父さんお母さんが気をつけてチェックしてあげる必要があると思います。

 

ワキガは遺伝によるものですが、ワキガ体質ではないはずなのに子どものニオイが気になる。という親御さんもいらっしゃるかも。子どものニオイはワキガだけではなく、汗臭や皮脂臭によることも多いですし、単純にお風呂の入り方に問題があることもあります。

 

一人で入浴する年齢になると、親の目は届きませんので、髪や体の洗い方が雑だということもあるかもしれません。子どもは新陳代謝が活発ですので、ワキガ体質でない場合は入浴や洗濯を含め、衛生面に注意すれば問題ないはずです。

 

もし、ご両親や身内にワキガの方がいるならば、小学校低学年でもワキガ臭を疑った方がいいかもしれませんし、お子さん自身には解決できる問題ではありませんので、親御さんのサポートが必要になってくると思います。

子ども特有のワキガの悩み

子どもというのはなかなかに残酷なもので、大人なら直接口に出さないことまでからかいの対象にしてしまうことは大いにありますね。人と少しでも違うところや目立つところを見つけると、大げさに騒ぐというということはよくあることだと思います。

 

している側は遊びの延長のつもりでも、受け取る側は深く傷ついてしまったり、トラウマになってしまうということも。仲のいい子同士ならまだしも、いじめの対象になることもありますので、ニオイ対策もとても大切なことだと思います。

 

私自身も、中学生の頃にクラスメイトから「風呂入ってる?」と言われたことがきっかけで、必要以上にニオイを気にするようになってしまいました。たったひと言ではありましたが、それ以降はずっと自分のニオイだけではなく、他人の体臭にも敏感になってしまい、人との接触が怖くなってしまうということもあったんです。

 

継続して言われたわけでもなく、噂を流されたわけでもなく、いじめというものでもありませんでしたが、思春期に受けたダメージは、思いの外後々まで引きずることも少なくないと思います。他人から見れば「昔の些細なことをいつまで…」と思われるのかもしれませんが、本人にとっては人生を左右する大事になることもあるんですよね。

 

ちょうど思春期の不安定で多感な時期の大半を、学校という集団の中で過ごさなければならないですし、集団生活の中では相性のいい子も良くない子も存在しますよね。運やタイミング問題もあるとは思いますが、ワキガやニオイの悩みがあるだけで、執拗なからかいやいじめの対象になってしまうことも少なからずありますし、グループや他の子と組まなければならないときに誰も相手になってくれる子がいない。というのは大きなストレスです。

 

「一人でいたっていいのよ」というのは簡単ですが、体育やグループ行動など、子どもには避けて通れない他人との接触が大きな壁になります。こういった子どもの事情も考慮して、子どものワキガやニオイの悩みに向き合う必要もあるのではないかと思います。

子どものワキガを親はどうケアしてあげればいいのか?

お子さん自身が「自分はワキガかも」と気づくことができる年齢はそう早くはありません。他の子から指摘されるようになっても、自分自身ではニオイに気づいていないということが大半だと思います。大人でも自分がワキガであることを自覚している方の割合は低いものですし、自分のニオイは自分では分かりにくいということが多いですよね。

 

お子さんのワキガに最も早く気がつけるのは、やっぱり一番身近な存在である親御さんだと思います。

 

ワキガ体質の子は、

  • 耳垢が湿っている。
  • 下着や体操着が黄ばむ。

といった特徴がありますので、ニオイの変化と同時にワキガの兆候が現れたら、親御さんからケアを取り入れてあげるのが一番だと思います。特に第二次性徴期はホルモンの関係や代謝が活発なことから、ワキガ臭や体臭が強くなることもありますし、親御さんのサポートは必須。また、下着や体操着はともかく、制服や靴は洗いにくいという厄介なものでもありますよね。

 

体のニオイケアももちろんですが、衣類についてしまうニオイ対策も忘れずにしておくようにしてください。

 

子どものワキガ対策は大人と大きな差はありませんし、皮膚科で相談することも可能です。ワキガは病気ではなく体質のため、根本治療は難しいのが現実。皮膚科で処方される薬も、汗を抑えて菌を殺菌する塗り薬と、発汗を抑える飲み薬の2種類が一般的なよう。

 

ところが、お子さんによっては塗り薬にかぶれてしまう、飲み薬が体質に合わずに副作用が出てしまうという場合も少なくないそう。また、早いうちに外科的な手術を検討する親御さんもいらっしゃるとは思いますが、成長過程のお子さんに手術をしても再発してしまう可能性があるため、クリニック側も勧めないということがあるようです。

 

子どものワキガは決して軽く考えられる悩みではないので、お子さんの負担にならないような適切なケアが必要になってきますね。

子どものワキガに有効なクリアネオ

肌に優しく殺菌・制汗効果の高いワキガ対策クリーム、クリアネオはデリケートなお子さんの肌にも使用できる安全性の高いクリームです。市販のデオドラントでは効果が薄いと感じたら、クリアネオの使用をおすすめします。

 

一般的なデオドラントは消臭ではなく制汗に比重をおいていますし、ワキガ臭ではなく汗臭のケアが中心。ワキガと汗臭・体臭とは性質が異なるため、一般的なデオドラント製品ではニオイを抑えられないことも少なくありません。

 

また、無香料のデオドラントもありますが、香りつきのものが多くワキガ臭と混ざってしまいニオイを抑えるどころが、かえって悪臭の原因になってしまうことも。ワキガのニオイ対策にはワキガ専用に開発されたものが最も効果的ですし、デリケートゾーンにも使用できる優しさのため、お子さんの肌にも負担になることはないと思います。

 

ワキガクリームは一時的に使用するものではなく、継続して使うものですので効果と同時に肌への優しさも重視したいもの。クリアネオは、無添加・無香料のクリームですし、気になる匂いもありませんので男の子でも女の子でも使いやすいクリームですよ。また、朝しっかり塗っていけば、一日効果が続くため学校で塗り直しする必要がないということも利点だと思います。

 

お子さんのワキガはお子さん自身がケアすることができないことも多いので、お父さんお母さんがしっかりサポートしてあげて、ケアを手伝ってあげることが大切なのではないでしょうか?
せっかくの学生生活を悲しい思い出にしてしまわないためにも、ニオイケアには気を遣ってあげてくださいね。

 

※クリアネオ公式ページわきが対策、制汗・ニオイケアならCLEANEO