ワキガは漢字では「腋臭」と表記されるもの。読んで字のごとく脇の下のニオイということになりますが、ワキガは脇に限定されるものではありません。女性の多くが気にするデリケートゾーンのニオイの原因がワキガだったということも。ここでは、デリケートゾーンのワキガ「スソワキガ」についてまとめてみました。

 

『スソワキガとはどんなもの?』

スソワキガは、陰部の周辺のワキガのことを指します。女性ならば脱毛などで認知度の高くなったV・I・Oゾーンにワキガ臭があること。デリケートゾーンは衛生状態でもニオイを発することが少なくありませんが、スソワキガとはニオイの原因が異なります。

 

スソワキガは、ワキガ同様にアポクリン腺からの汗が皮脂や雑菌と混ざり、菌が繁殖することで悪臭を放ちます。スソワキガの場合、排泄器官と接しているため、脇の下などと比較して常に清潔にしていることが難しく、下着によるムレもニオイを強く感じる理由になるでしょう。

 

ワキガは男性と女性では圧倒的に女性の割合が多いものですが、その中でもスソワキガは大半を女性が占めています。ですが、男性にスソワキガの方がいないということではありません。

 

またワキガの方が必ずスソワキガであるということもないのですが、アポクリン腺の働きが活発な体質。という点から考えても、ワキガの方はスソワキガである可能性も高く、ニオイケアにも注意が必要といえると思います。
アポクリン腺の場所は、第二次性徴期に発毛する脇やデリケートゾーンといった、体毛の濃い部分と大きな関わりを持っているので、男女ともスソワキガのニオイはアンダーヘアの生えているところからしている。と考えていいでしょう。

 

自分がスソワキガかどうか分らない。という方には、簡単なセルフチェックの仕方もあります。

 

・デリケートゾーンの体毛が濃い。
・下着が黄ばんでしまう。
・穿いていた下着が臭う。

 

これらに当てはまる方はスソワキガの可能性がありますので、ニオイケアには注意が必要かもしれません。

 

 

『スソワキガの悩みと主な対策』
・トイレに行った時などに下着を下ろすとむわっと嫌なニオイがする。
・暖房などで足元を温めるとニオイが上ってくる気がして不安になる。
・どんなに清潔にしていても、パートナーとのスキンシップの際に相手の反応が気になって仕方ない。
・白や色の薄い下着は変色しやすく避けざるを得ない。

 

スソワキガの方の多くは、こういった経験や悩みがあるのではないでしょうか?

 

女性に限定した内容になりますが、女性の下着は通気性に優れているとはいえませんし、素材によってはひどくムレることも決して珍しくないですよね。
また、少なくとも一日に数回はトイレにも行きますし、その度にビデモードで洗い流しても完璧に汚れが落ちているということはないと思います。
そして、避けては通れない生理中には経血の汚れも付着しますし、オリモノが出るという時期もありますね。
スソワキガの原因は発毛部分に限定されますが、菌の餌になる汚れが溜まりやすく、適度な湿度と温度が保たれている環境のため、ワキガよりもスソワキガのニオイが気になる方は多いと思います。
しかし、ワキガ以上に人には話しにくい悩みであるのもスソワキガの特徴。
誰にも相談できず、気分的にも落ち込んでしまうということは少なくないのでは?

 

スソワキガは粘膜と接しているデリケートゾーンで発生するため、刺激の強いデオドラント用品が使えないという難点もあります。
一般的なデオドラントにはアルコールや清涼剤が含まれていることも多く、デリケートな粘膜についてしまうと、ちょっとした拷問になることも。
ほとんどの方が入浴時に丁寧に洗う、トイレの後はビデを使う。といったことでしか対応できていないのではないでしょうか。
デリケートゾーン用のウェットティッシュやデリケートゾーン専用の石鹸なども販売はされていますが、スソワキガ対策としては効果が弱いということが現状だと思います。

 

 

『クリアネオはスソワキガにも有効!』
ワキガ専用のニオイ対策クリームであるクリアネオは、スソワキガのニオイ対策にも高い効果を発揮してくれます。
クリアネオは、ワキガの原因であるアポクリン腺からの汗を抑え、殺菌・抗菌作用に優れているクリーム。
撥水性が高いため、デリケートゾーンのような湿り気の多い部位にも有効です。
クリアネオの公式サイトには「粘膜部分を避けて陰毛部分に中心にお使いください」と記載されていますね。
粘膜部分にはアポクリン腺は存在しないので、粘膜に塗る必要はなく、アンダーヘアがある部分に塗り込むことが推奨。
ただ、万が一粘膜部分にクリアネオがついてしまっても問題はありません。
クリアネオは肌の刺激になるような成分を含んでいないので、アルコールや清涼剤入りのデオドラントのような強い刺激を感じることはありませんよ。
うっかり粘膜にまで塗ってしまったとしてもトラブルを起こすことはほとんどないとは思いますが、粘膜に使用することを想定して作られているわけではないので、使用上の注意を守る方が安心ですね。

 

 

『クリアネオを使用する際の4つのポイント』
スソワキガのニオイ対策にクリアネオを使用する場合には、効果をアップさせるためのポイントがあります。

 

・アンダーヘアは処理しておくこと。
・デリケートゾーンを洗うときは優しく丁寧に。
・通気性のいい下着を選ぶ。
・クリアネオの使用は一日二回。状況によって塗り直す。

 

スソワキガの方はアンダーヘアが濃く密集している傾向にあるようです。
アンダーヘアがあるとアポクリン腺から出た汗が留まりやすく、皮脂やその他の汚れも落としにくいため菌が繁殖しやすいといえますね。
また、クリアネオを塗り込むときにも、アンダーヘアが邪魔してしまってしっかり肌に届かないということもあります。
可能であればすべて処理してしまうことが一番なのでしょうが、日本ではまだまだVIOを全処理している方は少なく、抵抗がある方も多いと思います。
出来る限りアンダーヘアの分量を減らしてコンパクトに整えるだけでも効果はあると思いますよ。
ムダ毛の処理をする際に毛抜きなどで抜いてしまうとアポクリン腺を刺激してしまい、かえってニオイが強くなってしまうこともありますので、自己処理の場合は肌に負担をかけないように丁寧に剃るのが一番のよう。
スソワキガのケアはアンダーヘアのお手入れとセットにしておくといいですね。
なお、男性の場合も同じようにムダ毛処理を行うことがおすすめです。

 

デリケートゾーンの皮膚は薄い粘膜。
汚れがニオイの元になるとはいえ、ゴシゴシ洗っては傷つけてしまいます。
ナイロンタオルなどの摩擦は肌への負担も大きく、黒ずみの原因にもなりますので手指で優しく洗うことが一番です。
石鹸やボディーソープは除菌効果のある薬用石鹸が手軽ですが、クリアネオの姉妹品であるプレミアボディーソープ「クリアネオパール」がおすすめ。
肌に優しくニオイケアにも特化していますので、クリアネオと併せて使えばワキガ臭もより効果的に抑えてくれると思います。

 

下着は可愛いものを。
そう考えるのは女心ですよね。
見えないところのオシャレも女性の楽しみの一つですが、素敵な下着は通気性がイマイチ。ということが多いと思います。
スソワキガのニオイ対策を優先するなら、ナイロンをはじめとする化学繊維の下着は避けた方がいいでしょう。
下着の中は予想以上にムレますし湿気やニオイもこもりやすいです。
通気性や吸湿性を重視して綿の下着を選ぶのも、クリアネオの効果を活かすポイント。
ニオイや下着の汚れが気になっておりものシートを使用しているという方は、こまめにシートを変えることも心がけるのがコツです。
長時間変えずにいると、かえって菌が繁殖してしまい逆効果なのだとか。
清潔さを保った状態で、クリアネオを使用するのが最も効果的だと思います。

 

最後にスソワキガにクリアネオを使用する目安の分量と回数ですが、基本的には夜のお風呂上がりと朝の2回。
夜は入浴後の清潔な肌に使用し、朝は一度ウエットティッシュ(赤ちゃん用のおしりふきなどが肌に優しくてリーズナブルでした)などで綺麗に拭き取ってからクリアネオを塗ることがいいようです。
朝シャワーを浴びるという方は、朝のみの使用でもかまわないかもしれませんが、クリアネオは継続使用することで効果が持続する性質があるので、できれば朝晩の使用が好ましいとは思います。
1回の使用量の目安は2~3プッシュ。
こちらはあくまで目安なので、ニオイの強さによって使用量は調整してくださいね。
スソワキガの程度も個人差があるので、とても気になる方は量は多めに。それほどニオイは強くないという方なら少なめでも大丈夫だと思います。
また、汗をかいたりムレてしまったというときには、ウエットティッシュで汗や汚れを拭き取ってからクリアネオを塗り直してください。
クリアネオはバッグに入れてもかさばるサイズではありませんので、携帯しておくと外出先での心配も軽減されると思います。

 

※クリアネオ公式ページ(リンクお願いします)