ワキガの悩みはとても深く、本人だけではなく周囲にとっても大きな問題。もちろんワキガに限らず、ニオイに不快な思いをすることはありますし、逆にニオイを気にしすぎるということもあるでしょう。人との健全なコミュニケーションにも悪影響を及ぼしかねない、ワキガや体臭。ここでは、ワキガとは何かに迫ってみたいと思います。

ワキガのメカニズム

ワキガは「腋臭症」と書きますし、医療機関での治療対象にもなっていますが、実際は病気ではなく、持って生まれた体質です。人には2種類の汗腺があり、ひとつは体温調節や緊張した時などにかく、一般的な汗を排出する「エクリン腺」。そして、もうひとつがワキガの原因となる汗を排出する「アポクリン腺」です。

 

エクリン腺から排出される汗は、ほとんどが水分でサラサラしており、僅かに塩分が交じる程度。かいたばかりの汗にはニオイありませんが、放置しておくと皮脂や肌表面の菌と混ざり、いわゆる汗臭がすることはあります。

 

一方、アポクリン腺から出る汗は、気温や体温などとは関係なく排出されるものです。アポクリン腺から排出される汗には、水分の他、脂質・タンパク質・糖質・アンモニアが含まれており、汗自体に粘つきがあります。ポクリン腺から排出される汗も、肌表面の菌や皮脂の混ざることでニオイを発しますが、エクリン腺の汗とアポクリン腺の汗とは性質が異なるため、菌が繁殖しやすく、ワキガ特有の強いニオイを発生させます。

 

ワキガの方とワキガではない方の違いは、アポクリン腺の数や大きさの差です。すべての人にアポクリン腺は存在しますが(ごく稀にアポクリン腺がまったく存在しないという方もいるようです)、ワキガ体質でない方はアポクリン腺が発達しておらず、汗腺としてほとんど機能していないといえます。ワキガ体質の方はこのアポクリン腺が大きく、数が多い。また働きが活発なため、独特のワキガ臭がするということになりますね。アポクリン腺からの汗は肌に留まりやすいこともあって、ニオイが流されないということもワキガの特徴といえるでしょう。

 

ワキガ体質の方も、幼少期からワキガ臭がするということはなく、ニオイが気になり始めるのは思春期を迎えるころです。アポクリン腺の活動が活発になるのは、第二次性徴期と重なるため、女の子で10歳ころから、男の子の場合は11~12歳ころからワキガ臭がし始めるといわれています。また、ワキガと体臭・加齢臭が混同されることもありますが、体臭・加齢臭が強くても、アポクリン腺が発達していない方はワキガではないため、ワキガと体臭の強さ・加齢臭とは全く違うものなのです。

ワキガは脇だけではない

ワキガは、脇のニオイに限定されるわけではなく、アポクリン腺が存在する場所からは同質のニオイを発することがほとんどです。アポクリン腺が存在するのは、脇の下・陰部・肛門周辺・へそ周辺・耳の中・乳輪に限定されていて、ワキガ体質の方でもその他の場所にアポクリン腺はありません。

 

別ページで詳しく述べていますが、ワキガ体質の女性が悩むことの多いスソワキガも、ワキガのひとつですね。ワキガの方が100%スソワキガということではありませんし、脇は臭うけれどもその他の場所のニオイはそれほど気にならない。という方もいらっしゃると思います。逆に、スソワキガの悩みはあるけれども、脇のニオイは感じないという方もいらっしゃるでしょう。

 

ワキガの程度やアポクリン腺の発達には個人差がありますし、強く臭う場所とそうでない場所があっても不思議ではありません。ワキガ体質の方は、脇だけでなくその他の部分がニオイを発しやすいということはいえますが、すべての部位のニオイが均等ということではないようです。

 

アポクリン腺の存在する場所は決まっているため、ポイントを抑えさえすれば集中的なニオイケアをしやすいということはいえると思います。強いワキガ臭を発しやすい場所は、ムレやすくニオイがこもりやすい場所だともいえますので、適切なケアと同時に、通気性を良くすることでもニオイを軽減することは可能だと思いますよ。

生活習慣によってワキガの度合いは変わる?

アポクリン腺は誰にでもありますし、ワキガ体質の方でもワキガの程度は人それぞれですね。しかし、生まれつきの体質とはいえ、生活習慣などによってニオイの強さは変化しないのでしょうか?もし、ニオイケアだけでなく普段の生活で少しでもニオイを抑えることができれば、役立つこともあるのではないかと思います。

 

ワキガのニオイの程度は、アポクリン腺の量と大きさ、働きが大半を占めていますが、ワキガのニオイを増長してしまう要因はあります。

 

ワキガ臭の原因は、アポクリン腺の汗にも含まれる脂肪やタンパク質。普段から肉食が多い、乳製品をよく口にする、脂質の多い食事を多く摂っているという方は、ワキガ臭を強くする可能性があります。タバコやお酒もワキガ臭を強くするといわれています。また、皮脂の分泌が激しい方や毛深い方、太っている方も、菌の繁殖しやすい環境を作ってしまいやすく、ニオイを溜め込みやすいため、強いワキガ臭に繋がることはありますね。

 

ワキガのニオイ対策は菌の餌となる汚れを肌に残さないように心がけ、除菌・抗菌・制汗を徹底させることが第一です。入浴はシャワーだけではなく、湯船に浸かって汗をかき、老廃物をためないこと。食事はバランスよく、脂質は控える。ホルモンのバランスもワキガとは深い関係があるので、ストレスを溜めず、規則正しい生活をすることも大切なようです。

 

忙しい現代の日本人にはなかなかハードルが高いことかもしれませんが、できることから少しずつ改善していければいいですね。欧米人の生活に近くなってから、日本人のワキガ率は上がったともいわれていますので、昔の日本人をお手本にすることがワキガ臭軽減の近道なのかもしれません。

ワキガに有効なクリアネオ

ワキガは、残念ながら自然に治る・改善するというものではありません。ワキガ体質だという方は日常の生活も見直しつつ、適切なニオイケアを取り入れる必要があると思います。ドラッグストアやディスカウントショップ、スーパーやコンビニ至るまで、どこにでもデオドラント商品の取り扱いはありますが、汗臭や制汗の効果はあっても、ワキガ臭を抑えるだけの効果は期待できないものがほとんどです。

 

ワキガにはワキガ専用のニオイ対策クリームを使用するのがおすすめ。クリアネオはワキガの方のために開発されたワキガ専用のクリームです。お子さんから年配の方まで、年齢や性別を問わず使用できますし、デオドラント製品にありがちな香りもありません。無香料・無着色、デリケートな肌にも使用できる低刺激性のクリームですので、安心して使うことができます。

 

クリアネオは殺菌・抗菌に優れており、ワキガの嫌なニオイをしっかり抑えてくれますが、ワキガの方は多汗傾向にあることも少なくありませんよね。クリアネオは制汗力も高く、何度も塗り直しをしなければならないということもありません。基本的には朝と夜の一日2回、ニオイの気になる場所に塗り込むだけでOKという手軽さ。使用前に肌を清潔しておくことでクリアネオの効果をアップさせることができますので、お風呂の後やシャワーの後に使用するのがおすすめ。また、朝や日中に塗り直しをする場合には、ウエットティッシュなどで一度肌を拭き取ってからクリアネオを使用すれば、一日快適に過ごせると思います。

 

ニオイに敏感な日本人の中で、ワキガ体質の方はストレスを感じることも多いと思います。自分だけでなく周囲への気遣いで疲れてしまうこともありますよね。しかし、正しいケアをすればニオイ抑えることはできます。

 

※クリアネオ公式ページわきが対策、制汗・ニオイケアならCLEANEO